素材一覧 { 科目・トピック: 化学 }

並べ替え 
1 2 3 4 5 次へ

Molecular Target Discovered For ...

第二次世界大戦後ディートは病気を媒介する蚊のような吸血虫を妨げるのに使われてきた。Vosshall博士らは初めてディートの分子標的を、共受容体のOR83bを含む錯体を形成する嗅覚受容体だと指摘した。それは試験管内の虫の嗅覚受容体の再構築を含む遺伝子的手段を用いることで突き止めた。C19

素材元

ATP hydrolysis mechanism

生物がATP(アデノシン三リン酸)を分解してエネルギーを取り出す様子の化学式が、動画の形で紹介されています。ATPは分解される際に1molあたり30.5kJのエネルギーを放出します。c22

素材元

Japanese research institute earn...

日本の研究機関は、作成を始めてから12年以上経っていた、高放射性の113番目の人工元素を名付けるための基準を満たしていた。 c17

素材元

疑似細胞膜という新素材

材料科学者は自然と細胞膜の様な働きをする材料を探していた。これを水質浄化や医療に応用するためである。そして作り出された疑似細胞膜は薄膜上で設計され安定化された。c15

素材元

ニホニウム

日本人研究者の森田は自身が発見した原子番号113の原子をニホニウムと名付けた。名前は日本に由来し、原子記号はNhである。森田は亜鉛イオンにビスマスを衝突させることでニホニウムを作り出した。 c14

素材元

VSEPR理論

原子価殻電子対反発則(VSEPR)は電子の反発力に基づいて分子の幾何学的形状を予測するのに用いられる。中心原子の電子が分子形状を決定するため、VSEPR理論は形状予測の簡易的方向性を決める。  c14

素材元

人工関節における新基準

チタンは頑丈、抵抗が少なく、無毒なので人工的なひじ関節や股関節の代表的な材料であるが、実際に金を添加することで更に性能が向上することが分かった。c15

素材元

分子スイッチによる蛍光発光、色の制御

研究者たちは化合物の可視色や蛍光特性の制御する分子スイッチ技術を発展させた。その方法は酸素と水素のガスのエネルギー使い、さらに副生成物が水だけなので環境にやさしい。
c12

素材元

新たな葉~二酸化炭素の燃料への還元~

研究者たちは発電所や自動車の化石燃料の燃焼により発生する地球温暖化の原因の二酸化炭素を植物の二酸化炭素の捕獲・エネルギーへの変換・蓄積に注目し、使用可能なエネルギー源へと変える方法を見つけた。
c12

素材元

遺伝子と有毒メチル水銀の繋がりの新たな調査手段

環境科学者は新たな分子調査でより有毒なメチル水銀を環境中で水銀に変えるために必要な遺伝子をより能率的に検出できる。
c12

素材元

新しいリチウム・空気電池はエネルギー効率、電池の持ちが大いに向上する

リチウム・空気電池は電気自動車や携帯電子機器の利用に期待されてるが、問題点もある。酸化リチウムのガラスナノ粒子を使用した新種の電池は、より安定でエネルギー効率の良くエネルギーを供給するかもしれない。c21

素材元

中和滴定とは

酸とは金属と反応し酸素を生じ、電解により水素イオンを生成する。アルカリは酸と反応して酸の性質を打ち消し、電解によって水酸化物イオンを生じる。
酸とアルカリの反応を中和反応といい、中和反応を用いて溶液中の酸、塩基の総量を調べることを中和滴定と呼ぶ。また水素イオンと水酸化物イオンの量が等しくなる点を中和点と呼ぶ。C19

素材元

新元素、「ニホニウム」「モスコビウム」が名付けられる

日本、ロシア、アメリカ人科学者の発見により、アジアで初めて周期表に登録される元素を含んだ4つの新元素が周期表に追加された。113番元素を発見した科学者は日本の言葉で国名を示す、ニホニウムを選択した。c21

素材元

日本の科学者が新しい元素を命名

日本の研究チームに発見された113番目の元素がニホニウムと命名。
t31

素材元

Four New Elements Added to Perio...

Four new chemical elements have been officially added to the periodic table.

t40

素材元

10のマイナス18乗ぐらいの精度と安定性を持った光格子時計

光格子時計は、単一イオンベースの時計よりも優れた10の-18乗の精度での測定精度を持っており、安定性、再現性、正確性の3つの分野で最高の評価を達成できた。SI単位、量子センサーからの幅広い影響を持っている。c16

素材元

電気陰性度

原子の電気陰性度は原子の電子に対する親和性の尺度であり、それは元素により異なる。2原子の相対的な電気陰性度により原子間に形成される化学結合がイオン結合、共有結合、あるいは極性共有結合であるのかがわかる。c23

素材元

HSAB理論の応用

化学種はHSAB理論で酸か塩基、硬いか軟らかいか中間かに分類される。軟らかい酸塩基は大きく、強く分極し、一方硬い酸塩基は小さく、分極していない。また、硬い酸塩基同士、軟らかい酸塩基同士は結合しやすい。c23

素材元

ザイツェフ則

ザイツェフ則は、塩基による脱離反応の主生成物が熱力学支配により、二重結合がより多くの置換基をもつオレフィンになることを示す。立体障害の大きい塩基を用いると、速度論支配によりこれに従わない。c24

素材元

マルコフニコフ則

マルコフニコフ則は、非対称なアルケンにハロゲン化物が付加する際の位置化学を予測する。つまり水素が、より多くの水素をもつ炭素へ付加するとした。ラジカル誘起反応やヒドロホウ素化などは、これに従わない。c24

素材元

1 2 3 4 5 次へ