素材一覧 { 科目・トピック: 工学 }

並べ替え 
1 2 3 4 5 6 次へ

日本人建築家坂 プリツカー賞受賞

日本人建築家の坂茂が2014年プリツカー賞を受賞した。坂茂は日本人で7人目の受賞者となり、組み上げの容易性、耐水耐火性を持ったボール紙管を利用した災害時の仮設建築物における第一人者である。C8

素材元

建築家隈健吾の新・新国立競技場設計プラン

2020年東京オリンピックの象徴として、建築家隈健吾による新国立競技場の設計が採用された。低コストかつ緑にあふれ、日本の伝統建築を模した木と鉄骨によるその屋根は、ザハハディドの旧案の問題点を改善している。C8

素材元

MRIのリスクとは

MRIはX線を使わず痛みのない透過技術である。金属を埋め込んだ患者は初めに医師やスタッフに説明する必要がある。MRI画像の歪みの原因になるためだ。MRIは狭い空間で行われるため、閉所恐怖症になる人もいる。c1

素材元

LEDとはなにか

LEDは電流を流すことで発光する半導体素子で、その内赤外線を発するものをIREDという。これらはP型とN型の半導体で構成され接合部をpn接合という。他のダイオードと違い赤外線の経路を見ることができる。c11

素材元

賢いバイクヘルメット

クラッソンのバイクヘルメットは、自動でブレーキライトがついたり、見えにくいところを判別したりするなど安全性や可視性を改良して設計されている。また、このヘルメットはモバイル端末と連携させることもできる。C20

素材元

Graphene-skinned aircraft to tak...

2016年、世界で初めて、グラフェンで覆われた飛行機が空を飛んだ。この実験でグラフェンの飛行機は、より良い熱管理と雷への耐性、そして強固さと柔軟性を兼ね備えているなど様々な面で将来を期待できる結果となった。C20

素材元

キルヒホッフの電圧則

キルヒホッフの電圧則は保存された静電場において、閉ループの合計電圧が0でなければならない、つまり、∑V=0が成り立つ。
基本的に起電力を正、抵抗などの電圧降下を負とするが、任意に正負を決めてよい。
C10

素材元

本能を持つロボット

知能とは未来を予測することに似ている.人間の脳は膨大な未来予測ができるように進化した.キュリーはその進化の過程をロボットによって再現しようとした.しかし,脳のアルゴリズムを再現することは困難であった.c1

素材元

新しい多光子顕微鏡の可能性

ペンシルバニア大学では対象物内の分子を励起させるレーザーを複数同時に当て、分子が同時にそれらを吸収した際に蛍光を発する原理を利用した臓器の観察にも応用できる多光子顕微鏡の研究が進められている。
c9

素材元

aliasing

サンプリング率がナイキスト率以下の状態をアンダーサンプリングという。
このとき標本化周波数の半分より高い周波数と低い周波数が重なり合い、復元された信号をひずませる。これをエイリアシングという。
C10

素材元

新しい3D技術

3Dを体験するにはメガネが必須だったが、メガネなしで見られる技術が実用化されつつある。現状は見ている人の角度調整などが必要であるが、それを改善するために必要なことも既に特定され、研究が続いている。C18

素材元

超伝導

超伝導は、物質が非常に低い温度で2つの特性を示す現象である。電気抵抗が0になることと、地場が十分弱い時物質中に地場が侵入しないことでこれはマイスナー効果と呼ばれる。例外に高温で超伝導を示す物質もある。c11

素材元

新国立競技場の建築監督はその再設計は大きなリスクをもたらすと指摘...

新国立競技場の大規模な設計変更は建設費の増加や工期の遅れが生じる危険があると述べる者がいる中、設計者のザハ事務所のJim Heverinは期限には間に合うし、以前に設計した国家の作品も結果的には上手くいっていたと言う。c03

素材元

日本人建築家黒川の事務所破産へ

日本人建築家の黒川紀章はクアラルンプール国際空港等の未来的デザインの作品を手がけたことで知られているが、2007年に死去し、今は息子の未来夫が技術専門家の助けを借り、事務所を立て直し経営している。c03

素材元

静電気

全ての物質は原子から成り立っており原子は電子、陽子、中性子から成り立っている。電子は負の電荷を持ち、陽子は正の電荷、中性子は電荷を持たない。電子は除去が容易であり、陽子の数が原子の性質を決める。c27

素材元

電気回路

電気回路とは電子が連続的に流れることができるひと繋がりのループである。もし回路が壊れた場合それは電子の通り道がなくなり流れなくなることを意味し、回路の故障箇所としてどこが壊れても電子が流れなくなる。c27

素材元

10のマイナス18乗ぐらいの精度と安定性を持った光格子時計

光格子時計は、単一イオンベースの時計よりも優れた10の-18乗の精度での測定精度を持っており、安定性、再現性、正確性の3つの分野で最高の評価を達成できた。SI単位、量子センサーからの幅広い影響を持っている。c16

素材元

ハンディUV-全ての自転車用ヘルメットに付けられるバイザースナップ

リディア・キャラハンは、サイクリストを紫外線から守るためのバイザーを製作した。ヘルメットに取り付けることで紫外線を98%カットする。試行錯誤の末に安価かつ利用者が不快感を感じない設計が実現された。 (C09)

素材元

標本化定理

等間隔サンプリング周波数は、ある有限帯域幅信号の最大周波数の倍より大きい必要があり、これを標本化定理という。例えば人間の耳の可聴域は20kHzまでだから、そのサンプリング周波数は40kHzである。c11

素材元

オームの法則

理想的な導体間の電位差は、その抵抗を比例定数として、それを流れる電流に比例する。回路は閉じているため電圧源があれば必ず電位が下がる場所がある。つまりエネルギーは電源で増加し、回路上で減少している。c11

素材元

1 2 3 4 5 6 次へ