素材一覧 { カテゴリ: 生物学 }

並べ替え 
1 2 3 4 5 6 次へ

Why are our brains so big?

Many anthropologists think that living in large social groups drove the evolution of bigger brains, but new findings call that into question.

素材元

What Gave Some Primates Bigger B...

Primate brains may have grown larger and more complex thanks to a fruit-filled diet, a new study suggests.

素材元

ATP hydrolysis mechanism

生物がATP(アデノシン三リン酸)を分解してエネルギーを取り出す様子の化学式が、動画の形で紹介されています。ATPは分解される際に1molあたり30.5kJのエネルギーを放出します。c22

素材元

Fish can recognize faces: Osaka ...

大阪市立大学の研究機関は、魚が顔を見て個人を認識していることを示す最初の研究を発表した。これ以前は、他の一部の動物がこの能力を持つことは示されていたが、魚がこれを備えていることは知られていなかった。  c17

素材元

キャベツのミロシナーゼ分子モデリング、シニグリン相互作用の構造調査

キャベツのミロシナーゼを用いTASSERウェブサーバーで3D構造モデルを作成し、修正したモデル座標をProQ and Verify3Dで評価した結果、GNL207とGLU427がシニグリンとの結合において重要であることがわかった。c25

素材元

シロイヌナズナにおいて、遺伝子FAMAはミロシン細胞と孔辺細胞の...

孔辺細胞の分化に必須とされていた遺伝子FAMAが、アブラナ科に特徴的である化学的防衛機構ミロシナーゼ・グルコシノレートシステムの主要酵素ミロシナーゼを蓄積するミロシン細胞の分化にも必須であることがわかった。c25

素材元

遺伝子と有毒メチル水銀の繋がりの新たな調査手段

環境科学者は新たな分子調査でより有毒なメチル水銀を環境中で水銀に変えるために必要な遺伝子をより能率的に検出できる。
c12

素材元

遺伝子の転写と翻訳

生物はDNAを転写してRNAをつくり、さらに翻訳することで生体に必要なタンパク質を生み出している。この一連の流れはすべての生物に共通した機構であるため、セントラルドグマと呼ばれている。c22

素材元

Last woolly mammoths 'died of th...

マンモスが絶滅したと言われるのは〜だ。原因は人間による乱獲と環境の変化だと言われている。しかし最近の研究チームによると地球温暖化や氷河期の終わるタイミングから考えて淡水不足が真の要因と考えられている。c2

素材元

Scientists grow human organs for...

Scientists in the United States are trying to grow human organs inside pigs.
t22

素材元

クマムシにおけるトロポニンI様蛋白質の発見

トロポニンは筋収縮を制御する蛋白質でT、I、Cの三つのサブユニットから構成されていて、多くの動物種で発見されている。クマムシを免疫蛍光抗標識して顕微鏡観察を行った結果TnI様蛋白が発見された。
C02

素材元

ウミユリの筋肉におけるトロポニンシステムの欠如

トロポニンは筋肉の収縮を制御する蛋白質で、さまざまな動物種において発見されているが、棘皮動物ではこのトロポニンが欠如している。この研究では系統的に近いウミユリの筋肉でも同様の性質を持つことが分かった。
C02

素材元

科学者が研究室で育てた初めてのハンバーガー

科学者による最初のハンバーガーは牛の肩からの幹細胞で培養した肉で作られた。これはコストも時間もかかり、味も淡泊であったが、この方法は動物を殺さず家畜を減らし食糧、環境問題の解決策として期待されている。c19

素材元

Biotope

Biotopeについて説明したWikipediaのページ。

素材元

極限の暑さ•寒さに耐えうる動物たち

極限的な低音、高温の環境に耐えることの出来る生物は幾つか存在する。その中で究極の耐性を持っているのが無脊椎動物のクマムシである。クマムシは温泉や氷、ヒマラヤ上部だけでなく、宇宙空間でも生存可能である。 c13

素材元

バイオマスから多くのバイオ燃料を得る新しい方法

農業や林業の残基からバイオ燃料へと変える、多目的で比較的無毒な効率の良い方法が開発された。これは高い収量かつ低いコストでバイオマスから燃料を得ることを目的とし、石油燃料の代わりとなる。
c14

素材元

初期胚発生におけるT-box遺伝子

T-box遺伝子は胚形成において多くのパターン形成のコントロールに関係している。初期の前後軸形成、後期の器官形成において重要性が実証されている。それほど重要にもかかわらず未だ規則など解明されてないことが多い。c04

素材元

シグナルの伝達によって決定される胚細胞運命

約50年前に予定運命を決めるのがシグナルの集中具合に依存していると提案されて以来、その集中が唯一の重要性と考えられていたが、シグナル伝達のスピードも決定に関わっていることがわかった。c04

素材元

Effect of Music upon Awakening f...

音楽は短い眠りから心地よく覚めるのに効果があるかという実験を行った。その結果、音楽は心地よい目覚めに効果があることと、目覚めには睡眠の周期と24時間の周期の影響を受けるという結果が得られた。 c22

素材元

プロテインキナーゼとは

プロテインキナーゼとは、最大で最も機能的に多様な遺伝子族のうちの一つを構成する、細胞機能の主要制御因子である。リン酸基を気質タンパク質に加えることにより、ほとんどの細胞過程の活動を制御する役割を担う。 c05

素材元

1 2 3 4 5 6 次へ